ゴールドファインエッジ 包丁3本セット

ゴールドファインエッジ 包丁3本
セット

¥5,229(税込)

キレ味が悪くなる度に研がなくちゃならない包丁って、面倒くさくありません?何度も何度も研いでるうちに“刃こぼれ”しちゃって、もう使えない……なんて事もありますよね。あ〜、研がなくてもキレ味が悪くならない包丁ってないのかな〜。……あるんです!本当にあるんです!研が…

拡大画像を見る
ゴールドファインエッジ 包丁3本セットゴールドファインエッジ 包丁3本セットをカートに入れる
●“キング・オブ・ザ・ナイフ”と呼ばれ続けた一級品。『クイーン・アワード』など数々の賞を受賞! ●優れたキレ味の秘密は“チタン”にアリ! ●ステンレスの約6倍の耐摩擦性。塩分などで錆びない耐食性。人体にも無害! ●メーカーによる品質保証は20年!

2009年08月26日

なんちゃってオニオンフライ

こんにちはゞ(*゚ー゚)ゞ

私と、彼氏は、モスのオニオンフライが大好きですo(゜∇゜*o)

そこで、なんとか、あの【オニオンフライ】が作れないものかと頑張って挑戦してみました(;^ω^A

でも、なかなかあの綺麗な感じの衣を再現するのは、難しく・・・
味だけなら・・・
このレシピでどうぞ!!!

   【オニオンフライ レシピ】
材料2人分

たまねぎ 中くらいの半分
@
コーンスターチ 大さじ3
こむぎ粉    大さじ2
たまご     中1個
タンサン(重層) 少々
冷たい水     70CC

揚げ用油     適量

玉ねぎの下準備用
A
小麦粉   大さじ1
塩コショウ 少々

仕上げ用の塩 適量


作り方

玉ねぎを輪切りにして水にしたしておきます。
(輪の部分をはずしてください。)
2009_0815_180001-DVC00078.JPG

卵は、卵白と卵黄にわけ、それぞれをよくあわだててください。
2009_0815_181259-DVC00079.JPG

@の材料【コーンスターチ・小麦粉・タンサン(本当に微量)と卵(卵白と卵黄を分けたもの)水】をいれて、混ぜ合わせます。

Aの材料(小麦粉と塩コショウ)をビニール袋にいれ、たまねぎの水を適当にきってから、その袋の中でシャカシャカとたまねぎに粉がまんべんなくつくように、ふってください。
2009_0815_181536-DVC00080.JPG

あとは、@のあわせた材料へ、玉ねぎをいれて、揚げ油(170度くらい)で揚げて塩(お好みの量で)ふったら出来上がりです(o^-')b

2009_0815_182111-DVC00083.JPG

注意事項

@タンサンは入れすぎると苦くなるし、油に泡がでてきて最悪な状態に なります!
A卵は卵白と卵黄に分けることで、衣がふわふわになるので、ぜひ試し てみてください。(天ぷらなどにも応用ききます)


興味のある方は、ためしてみてくださいね(^−^)

お子様のおやつにも、最適ですよ♪
posted by coolpon at 10:55| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さっそく作ってみます!
Posted by tibi at 2009年08月26日 14:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。